のどの病気

扁桃炎へんとうえん

病気・症状の概要

扁桃(へんとう)炎は、のどの奥の左右両側にある扁桃が、細菌やウイルスに感染して炎症を起こす病気です。炎症を起こした扁桃は赤く腫れ、白い膿を持つこともあり、のどの強い痛みや発熱を伴います。重症化すると扁桃の周りに膿がたまって(扁桃周囲膿瘍)激痛になり、口が開きづらくなり、食事をとるのも難しくなります。

検査・治療方法

扁桃炎は、のどを観察することで診断を行います。また、のどから検体を採取して、扁桃炎の原因を特定するための検査も行います。扁桃炎の治療は、抗菌薬や解熱鎮痛薬の服用などの薬物療法が中心となります。また、食事がとれないなど重症の場合には点滴を行うこともあります。なお、扁桃炎で高熱を何度も繰り返す場合には、扁桃を摘出する手術を受けることを検討します。
扁桃周囲膿瘍になった場合は、扁桃の周囲を切開して中にたまった膿を排出させたり、入院での治療をおすすめすることがございます。

咽頭炎いんとうえん

病気・症状の概要

咽頭(いんとう)炎は、細菌やウイルスの感染により、咽頭に炎症を起こす病気です。咽頭炎ではのどが赤く腫れ、のどの違和感や痛み、ものを飲み込んだ時の痛み(嚥下痛 えんげつう)などの症状が発生するほか、倦怠感や発熱がみられることもあります。

検査・治療方法

咽頭炎は、のどを観察することで診断を行います。また、のどから検体を採取して、咽頭炎の原因を特定するための検査も行います。咽頭炎の治療は、抗菌薬や解熱鎮痛薬の服用などの薬物療法が中心となります。ウイルスが原因の場合は抗菌薬による治療では効果が乏しく、対症療法となります。また、嚥下痛により食事摂取が困難な場合には、脱水にならないようしっかりと水分を摂取することも重要ですが、症状がひどい場合は点滴や入院での治療をおすすめすることがございます。

喉頭炎こうとうえん

病気・症状の概要

喉頭(こうとう)炎は、ウイルス感染や喫煙・飲酒、声の出し過ぎなどにより喉頭に炎症を起こす病気です。喉頭炎の主な症状は声のかすれや声が低音になるなどの発声障害です。また、喉の痛みや咳などを引き起こすこともあります。

検査・治療方法

喉頭炎では、喉頭鏡や内視鏡を用いて、喉頭の状態を直接確認します。治療では、炎症や咳を抑えるために消炎鎮痛薬や鎮咳・去痰薬のほか、細菌感染が原因の場合には抗菌薬を服用します。また、のどを安静にしていただくとともに吸入治療をします。

声帯ポリープせいたいぽりーぷ

病気・症状の概要

声帯ポリープとは、声帯に生じる炎症性の腫瘤(しゅりゅう)のことです。声帯ポリープは声の出し過ぎが原因といわれており、声帯を酷使することで声帯の粘膜に出血をきたすことからポリープ形成に至ると考えられています。声帯にポリープができると、声がかすれるほか、のどや発声時に違和感があったり、声がやや低音になったりすることもあります。

検査・治療方法

喉頭鏡や喉頭内視鏡を用いて、声帯の状態を直接確認します。声帯ポリープの治療では、まず声帯の安静や消炎薬の投与、ステロイドホルモンの吸入治療を行います。これらの保存的治療でポリープが消失しない場合には手術による摘出を検討します。

声帯結節せいたいけっせつ

病気・症状の概要

声帯結節(けっせつ)は、声の出し過ぎなど声帯の酷使により声帯に左右対称に発生する炎症性のこぶです。声帯結節は日常的に声を酷使している歌手や教師・保育士、アナウンサーなどの職業の方に多くみられます。声帯結節ができると声がかすれたり、のどに違和感があるほか、声帯結節により両側の声帯が上手く重なり合わないことから発声時に空気が漏れている感覚があったり、声が続かないなどの症状が現れます。

検査・治療方法

喉頭鏡や喉頭内視鏡を用いて、声帯の状態を直接確認します。声帯結節の治療の基本は、発声を控えて声帯を安静にすることです。また、消炎薬の投与、ステロイドホルモンの吸入治療を行います。これらの保存的治療で改善しない場合には、手術による結節の切除を検討します。

味覚障害みかくしょうがい

病気・症状の概要

食べ物の味が分からなくなったり、鈍くなったり、いつもと違うように味を感じてしまう病気を味覚障害といいます。味覚障害の原因は原因不明のものから亜鉛不足、ビタミン不足、貧血、薬剤性のものと様々です。他には感冒(風邪)後、口腔内にカビの一種が生えることによるもの(口腔カンジダ)、放射線治療後、糖尿病や肝臓や腎機能が低下していることに伴って味覚障害が起きたりします。

検査・治療方法

す。必要あれば真菌(カビ)の培養検査を行います。また、血液検査により血清中の亜鉛の量、貧血の有無、糖尿病の有無や肝臓・腎臓の機能を調べます。味覚障害の治療では、亜鉛を多く含んだ食品を摂るよう心掛ける食事療法のほか、亜鉛を含む薬剤を服用する薬物療法や、口腔の乾燥予防や衛生環境のケアを行います。薬剤が原因と疑われる場合には服薬を停止するなど、味覚障害の原因ごとに適切な治療を行います。味覚障害は原因がはっきりしても改善するのには数カ月以上要することもありますので、一般的には治療が時間を要します。

咽喉頭異常感いんこうとういじょうかん

病気・症状の概要

のどがイガイガする、何かつかえている感じがする、物が飲み込みにくいなど、のどに違和感を感じることを咽喉頭異常感といいます。咽喉頭異常感は、咽喉頭炎などののどの炎症やのどよりも下の食道の炎症によることが多く、胃酸の逆流によって起こる逆流性食道炎によって起こる異常感も多いです。他にはアレルギー反応、甲状腺や脳・脳神経の病気、ストレスなどによっても引き起こされます。

検査・治療方法

咽喉頭異常感では、喉頭鏡や喉頭内視鏡を用いて患部を確認するほか、問診や触診、血液検査、画像検査等により炎症や他の病気がないかを検査します。これらの検査により他の病気が原因であると認められる場合には、それらの疾患に合わせた治療を行います。一方、原因疾患が特定されず、ストレスが原因と考えられる場合には抗不安薬や漢方などの薬物療法を行います。食道病変が疑わしい場合は胃カメラをおすすめすることがございます。

口内炎こうないえん

病気・症状の概要

口内炎とは、口の中の粘膜に生じる炎症の総称で、口腔内や口唇、舌に数ミリ程度の水疱や潰瘍(かいよう)、びらん状の炎症が発生する病気です。口内炎の原因は様々で、ビタミン不足・ストレスや口腔内の衛生環境の不良、細菌・ウイルス・真菌(カビ)の感染のほか、自己免疫疾患などによっても発生します。

検査・治療方法

口内炎では、問診と患部の視診を行うほか、ウイルス・細菌・真菌感染が疑われる場合には培養検査を行います。自己免疫疾患が疑わしい場合は血液検査や内科へのご紹介を検討します。口内炎の治療は薬物療法が中心で、口内炎の原因に応じて抗菌薬や抗真菌薬を服用するほか、患部へのステロイド軟膏の塗布を行います。他には口腔内の乾燥予防や衛生環境のケアをさせていただきます。

頭頸部腫瘍とうけいぶしゅよう口腔腫瘍こうくうしゅよう頸部腫瘍けいぶしゅよう

病気・症状の概要

頭頸部とは脳より下の頭部から眼と頸椎を除いた鎖骨までの間の領域を指し、その領域にできる腫瘍を頭頸部腫瘍と言います。頭頸部腫瘍には鼻・副鼻腔腫瘍(鼻の中)、口腔腫瘍(舌や歯肉などの口の中)、咽頭腫瘍(口や鼻の奥から食道の入り口まで)、喉頭腫瘍(声を出すところ)、唾液腺腫瘍(顎下腺や耳下腺など唾液をつくるところ)、甲状腺腫瘍(代謝を調整してくれるホルモンを分泌するところ)が含まれます。腫瘍には良性・悪性(がん)があります。頭頸部は息をする・声を出す・食べるなどの重要な機能に関わりますので、悪性腫瘍そのものや治療によって生活の質の低下を引き起こしてしまう可能性があります。早期のものであれば機能低下を最小限にできる可能性があり、早期発見・早期治療が重要となります。また治療後でも腫瘍によっては再発しやすいものがあり、定期的な経過観察も重要です。

検査・治療方法

血液検査や内視鏡検査・CT・MRIなどの画像検査をするとともに、腫瘍の種類を確認するために腫瘍の一部を摘出して診断(細胞診、生検)をつけます。腫瘍によっては治療せずに経過観察となることもありますが、治療には専門施設による集学的治療(手術、化学療法や放射線治療など)を目的にご紹介させていただきます。

頸部リンパ節炎けいぶりんぱせつえん

病気・症状の概要

首には100から200個程度のリンパ節があり、お子様や首の脂肪が少ない方は正常でもリンパ節は複数触れることができます。リンパ節が腫れる原因で主なものはウイルスや細菌感染に伴う炎症によるものですが、中には癌(がん)のリンパ節転移や、リンパ節そのものが悪性化する悪性リンパ腫という病気ということもあり注意が必要です。通常のリンパ節炎の場合は痛みを伴うことがほとんどで、のどの痛みとともに腫れることも多くあり、倦怠感や発熱がみられることもあります。

検査・治療方法

触診でリンパ節の腫れの状態を確認します。血液検査で炎症の状態や原因を確認するとともに必要あればCTなどの画像検査を行います。また内視鏡で咽頭や喉頭にリンパ節の腫れの原因がないかどうか確認することもあります。
通常のリンパ節炎であれば抗菌薬や解熱鎮痛薬の服用などの薬物療法が中心となります。腫脹や症状が強い場合は抗菌薬やステロイドの点滴治療を行うこともあり、炎症がさらに重度で周囲に膿が溜まってしまっている場合は切開を伴う外科的な治療が必要となることもあります。また通常のリンパ節炎でない可能性が高く、精査が必要な場合においてはご紹介させていただくことがあります。

唾液腺炎だえきせんえん顎下腺炎がっかせんえん耳下腺炎じかせんえん

病気・症状の概要

唾液腺には大小いくつかあり、耳の前から下にかけて存在する耳下腺とあごの骨の下あたりに存在する顎下腺が大きなものになります。唾液腺炎とはその唾液腺に炎症を起こした状態の総称です。原因としては口腔内の雑菌が引き起こす細菌性、おたふく風邪の原因となるムンプスウイルスを代表としたウイルス性、唾液腺の中や唾液が通る管(唾液管)に石がつまることによる唾石症、シェーグレン症候群やIgG4関連疾患を代表とした自己免疫疾患などがあります。

検査・治療方法

血液検査で炎症の状態や原因について調べます。唾石症が疑わしいようであればCTで石の存在を確認します。細菌性であれば抗菌薬や解熱鎮痛薬の服用で改善していきますが、おたふく風邪をはじめとしたウイルス性の場合では特効薬は存在せず、解熱鎮痛薬による対処療法になります。唾石症の場合は繰り返すので根本的な治療としては石を摘出したり、石の場所によっては唾液腺ごと摘出する手術が必要となります。自己免疫疾患が疑わしい場合においても確定診断には手術が必要となることもあり、その場合は専門施設へのご紹介をさせていただきます。

初めての患者様へ

当サージクリニックでは、これまで培った豊富な耳鼻咽喉科、内科領域の診療経験を活かし、
地域の患者様に、更なる高度で負担の少ない医療サービスの提供を目指します。
耳・鼻・喉の病気や症状でお困りの方は、一度当サージクリニックまでご相談ください。
スタッフ共々一丸となって"こころの通う"診療で対応いたします。

ご予約・お問い合わせはこちら

042-371-3387

時間
9:00 -
12:00土曜は13時まで
×
14:00 -
17:00土曜は午後なし
× ×

※ 一般外来はご予約不要です。
※ 手術をご希望の方、相談をご希望の方はお電話で予約をお取りください。
※ 日曜・祝祭日は休診日です。

東京みみ・はな・のど サージクリニック

〒206-0011 東京都多摩市関戸2丁目66番

京王線「聖蹟桜ヶ丘駅」から徒歩6分

Tel:042-371-3387 Fax:042-319-3328

アクセス