補聴外来

東京みみ・はな・のどサージクリニックでは、日本耳鼻咽喉科学会が認定する補聴器相談医及び補聴器適合判定医と、
言語聴覚士、認定補聴器技能者が連携して、補聴器装用の必要性の診断から適合判定、
個人の聞こえに基づいた補聴器の調整及び適合検査までを行う「補聴外来」を行っております。
難聴や補聴器に関するお悩みをお気軽にご相談ください。

補聴器相談の流れ

1

一般外来の受診

一般外来を受診して頂き、治療が必要な病気がないか診察します。また、聴力検査(純音聴力検査、語音聴力検査など)を行い補聴器の適応の有無を判断します。補聴器の適応があると診断した場合は、補聴外来の受診予約をお取りします。

補聴外来診察時間(事前予約制)

時間
9:00 -
12:00
× × × × × ×
14:00 -
17:00
× × × × ×

2

補聴外来初診(ファーストステップ)

補聴器の機種選定・フィッティング

医師の問診と視診の後、言語聴覚士が患者様の現在のきこえ方や人とのやり取りで感じる不便さや悩みを十分に伺った後で、補聴器試聴の前に、きこえ難いとどのようなきこえ方になるのか、補聴器ってどんなものなのか、きこえ難い場合にどのようなやり取りになりやすいか等、基本的な知識を提供します。

そのうえで、補聴器の試聴・貸出をするかどうか決定してもらいます。試聴・貸出を希望する場合は、イヤモールド(オーダーメイド耳栓)作成のための耳型採取も行ないます。

3

補聴外来再診(セカンドステップ)

補聴器の再調整

検査結果と希望条件をもとに補聴器が選択され,再診時(初診から2週間後)に準備されます。補聴器相談医/補聴器適合判定医と言語聴覚士の立ち合いのもと、認定補聴器技能者が聴力検査に基づき、フィッティング (患者様個人に合わせた調整)を行い、患者様はその補聴器を着けてみて、その状態でのきこえ方を確認します。そこでよければ装用指導を行ったうえで試聴器を貸出しします。

それ以後、ご自宅で試聴器を使っていただき、2週間ごとに来院していただき、うるさく感じたり、聞き取りづらかったりすることがあるかなど、感想を伺います。また、補聴器適合検査を行い、補聴器装用の効果を客観的に測定します。それらの結果から補聴器の調整を繰り返し行っていきます。

4

補聴器購入と定期チェック(サードステップ)

補聴器の最終調整

補聴器の試聴開始から3カ月以内をめどに、最終的な補聴器適合検査を行い、適合判定が得られた後、購入するかどうか患者様に決定していただきます。

購入された場合は3~5か月ごとに来院していただき、補聴器の定期点検を受け、その後の使用感想や聴力検査により、必要なら調整を行います。

補聴器の公的助成について

補聴器購入の際の補助金付与

聴力が高度難聴レベルで、身体障害者認定を受けた場合には、障害者総合支援法により補聴器購入時に補助が受けられます。身体障害者の認定手続き等詳細は、お住まいの自治体の福祉課にお問い合わせください。

補聴器購入の際の医療費控除

平成30年度(2018年度)より、補聴器購入前に補聴器相談医を受診し、「補聴器適合に関する診療情報提供書(2018)」の発行を受けた上で補聴器を購入することにより、当該補聴器の購入費用について医療費控除対象として確定申告ができることになりました。詳細は補聴外来の認定補聴器技能者、またはお近くの補聴器販売店にお問い合わせください。

初めての患者様へ

当サージクリニックでは、これまで培った耳鼻咽喉科領域の診療経験を活かし、
地域の患者様に、安全で負担の少ない医療サービスの提供を目指します。
耳・鼻・のどの病気や症状でお困りの方は、一度当サージクリニックまでご相談ください。
スタッフ共々一丸となって"こころの通う"診療で対応いたします。

お問い合わせはこちら

042-371-3387

時間
9:00 -
12:00土日は13時まで
14:00 -
17:00土日は午後なし
× ×

※一般外来はご予約不要。 ※土日は9:00 - 13:00まで、祝祭日は休診日です。

東京みみ・はな・のど サージクリニック

〒206-0011 東京都多摩市関戸2丁目66番

京王線「聖蹟桜ヶ丘駅」から徒歩6分

Tel:042-371-3387 Fax:042-319-3328

アクセス